自己破産制度では

民事再生による解決は住宅のためのローンもある多重債務に悩む債務者を救済するために、マイホームを維持しながら金銭管理の面で立ち直るために法的機関による債務を整理する道として適用されるようになった解決策です。脱毛 失敗

民事再生は、破産とは違い免責不許可となる要件はありませんので賭け事などで借金したような場合においてもこの方法は取れますし破産をすると業務が行えなくなるような資格で給与を得ているような方でも民事再生は可能になります。正しい ブラ サイズ

自己破産制度では、住居を残しておくことは無理ですし特定調停と任意整理では元金自体は返済していかなければなりませんので住宅のためのローンも支払いながら返していくことは実際問題として難しいと思われます。

でも、民事再生という処理を取れれば住宅ローン等を別とした借金についてはものを減額することができますので住宅ローンなどを返しながらあとの負債を返していくようにできるといえます。

といっても、民事再生は任意整理または特定調停といった手続きと違いある部分のみの借り入れを除外して処理することは許されていませんし、破産の場合のように負債自体がなくなるのでもありません。

さらに、それ以外の解決策と比較しても煩雑で手間が必要ですので住宅ローン等がありマイホームを維持したい場合等以外において、破産申告等といったそれ以外の整理ができない時の最後の方法と判断しておくのがいいでしょう。

コンテンツメニュー

    Link