一年以上も先の為替レートは円高だろうか

FX(外国為替証拠金取引)をやる面白いところは、単独の投資の商品でありながらお金を掛ける期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」の3種類の中からどの種類を選ぶのかということで資金を費やす手だてがまるっきり異なる部分にあるのです。78-14-47

まず外貨に対して投入する「長期の投資」について詳しく見てみよう。78-1-47

長期投資は、一年以上の長期出資を基本にしているのが通常です。78-5-47

基本的に為替においては、一年以上も先の為替レートは円高だろうか、それとも円安なのかを推測するということは、たいていの場合苦難です。78-3-47

実際のところ、「先の状況は予測できない」というのが当たり前なのです。78-12-47

予言もできないものをがんばって予測しようとしても無理なことなのです。78-20-47

そのため、外貨を買い、その時点での価値よりも円高に変動したとしても、少し経てば円安になるだろうという気楽な思いでやり取りに取り組むことが大事です。78-11-47

儲けを熱心に大きくするだけでなく他の儲け、それはスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で稼ぐということをまず最初のターゲットとして出資してみましょう。78-17-47

当然短期で為替変動の為のマイナスが非常に大きくなってしまうことがあります。78-6-47

したがって、そんなマイナスがあっても影響の少ないよう、レバレッジを少しに設定するのが肝心です。78-18-47

外国為替証拠金取引(FX)は損が一定金額を上回って広がってしまうと追い証(追加保証金)を出さなければならなくなったりもしくはストップロス(ロスカット)を置く必要があります。

損切りをしたら、トレードを打ち切りすることになり、長期の取引はダメになります。

このような危険を避けるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にしてやり取りするのが安心かと思います。

次は中期スタンスを狙った取引を説明します。

中期の投資のケースでは、一番長くて1?2ヶ月程度先を予想してのやり取りとなります。

為替の売買のケースでは、約1ヶ月ほど後のことは、おおよそ予知しやすいと言われます。

G7の類の世界的なミーティングであったり為替の市場で売買している人たちが何をポイントに興味を持っているかを見てみれば、だいたい予測できるのです。

上記のように経済情勢を見ながらもチャートをチェックすることで為替レートの動きを理解する事ができ売買をジャッジする方がいいと思います。

基本的に、経済の基礎的条件とジャッジのどっちも良い状態であり、あるいは買いが同様であればほぼその方向に動くと考えて間違いありません。

その時は持ち金を増やせば大きい儲けを獲得できるのはほぼ確実です。

3つ目に短期のトレードの要点。

ここでの短期のトレードとは、いわゆる日計り取引を指しています。

為替市場で日計り取引をする時経済情勢はいっさい絡んでいないと断定していいです。

なぜなら翌日の為替の相場の動向に、経済情勢は反映されないからです。

この場合の、重要ポイントは大きな事柄がある場合それにより為替の相場が大幅に変化する時を見逃さないようトレードすることです。

たとえば、米国にて雇用情勢が公表されるもしくは金融政策決定会合などにより制作金利が動くようなイベント。

こういった大事な機会に変移を逃さないといったことから、短期スタンスでは専門的なものが必要になる。

コンテンツメニュー

78-8-47 78-10-47 78-9-47 78-15-47 78-2-47