www.lisakolarich.com

外国為替市場介入(為替介入)という言葉はご存知ですか?日本銀行が介入して新聞記事、報道番組、ネットなどの報道で注目した人も多いでしょう。最初から為替への介入というのは我が国の場合、財務大臣が為替のレートの安定を実現するために用いる手段として見なされています。簡潔に言うと、かなりの円高・円安が起こると財務大臣の言いつけに従って中央銀行(日本銀行)日本円を取引することで為替のレートの安定化を狙う、といったことです。為替介入はやり方が何通りかあります。1.単独介入・・・行政または中央銀行(日本銀行)が東京市場で市場に入って介入を行なう。2.協調介入・・・通貨当局が相談したうえ、各々の銀行などが持っているお金を使って一緒あるいは随時為替介入(外国為替平衡操作)して行く。3.委託介入・・・外国の銀行などに対して為替介入(外国為替市場介入)を託す。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が海外銀行などに代わり外国為替市場介入(為替介入)を実行する。こんな方法です。どのやり方の介入も一時、あるいは継続的に為替の市場に多大な効果を与えることになります。為替の介入の額は当然自国の面目をかけているのですからスケールが違うのです。円を基本に例えると、いつもはほんの少し動くレートが突然数円ごとの変化をします。個人の投資家の方でしたら一回は経験があると考えますが、これまでスムーズに含み資産(あるいは損失)が増えているポジションを維持していたところへ、保持している保有高が決済したとの内容の通達がFXの業者からEメールが来ました・・・いくらの儲けかな(損益が出たのかな)?と考えつつ決済されたデータを見ると、自分が考えていた事とはまったく反対の事になっていて目が点になってしまうということがあります。為替介入が行なわれた際によく聞く話なのです。この例のように外国為替平衡操作(為替介入)が実施されると為替市場の流れとまったく反対の変化をするのです。それだけでなく変化する金額の大きさは非常に大きく変化しますので用心が必要なのです。

コンテンツメニュー